読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返したらどう思うかな

16歳、高1の女です。自由に書いてます。

昔かいた日記集

「Run」


少し手を伸ばした途端 いつもすぐに消えてしまうもの

追いかけようかと悩んでる間に

遥か彼方に霞んでしまう


全てを受け入れるなんてできない

現実なんて見たくない

小さい脳みそをいくら酷使しても 辿り着く結論は決まってそれ


静寂に包まれた夜

ひとり 布団を被って縮こまると

頭の中に次々と 浮かんでは消える

果てしなく広い大地のイメージが

心ごと空へ解き放つよ


「好き。ここにある全てが」

そんな風に言える日が またいつか来るのだろうか

今までずっと 目隠しをしてたってことに

やっと やっと気づいた

しかしなぜ気づいた


どうせなら 何も考えてない楽人と

昨日の晩ご飯の話でもして過ごしたい

道端に横たわる萎れたタンポポ

可哀想に、なんて見つめながら


複雑な文字の羅列を眺めて 眼薬を全身に差したい気分だ

そんなときにはブランコに乗って 口笛が遠くまで聴こえる理由を ぼんやり考えてみよう


光で満たされてく朝

ひとり カーテンの真ん前に立って

遠くで荒げる鶏の声に耳をすまし

通り過ぎていく昨日と 来てしまった今日に文句を並べつつ パジャマのボタンを外すよ


月は太陽に負けて 昼に姿を現さないけど

夜には何よりも輝いて 私たちを照らしてくれるじゃないか

きっと きっとそれでいいんだ

そんな月になれればいいんだ


北風に吹かれなくても

太陽に照りつけられなくても

さっさと脱いでみせるよ

自分を縛り付けるコートなんて


好き。

なんだかんだ言っても

嫌いで、それでいてやっぱり好き

目を背けたくなるくらいに眩しいこの道を

逃げ出したくなるくらいに真っ暗なこの道を

瞼をギュッと閉じて突っ走ってみよう

そうすればどっちも同じさ

どこまでも全力疾走



「捨て○○」

町を泳ぐ 黄緑色の風船を
吸い込まれるように 手に取った

だけど どこのものかも知らないし
持って帰るのも気が向かないし
その辺に括り付けておいた

心優しい人が きっと拾ってくれるから 安心してね
最後に 偽善者ぶってみたけど
本当はわかってる
捨てることに見合う 償いも言い訳もないこと

側にいたって もう何度も
ギタギタに傷つけてしまうから
そっと真夜中に 置き去りにした
遠くまで聞こえる声に 耳を塞ぎながら

空を翔る ものすごい速さで
それでも一縷の望みをかけて 走って追いつこうとした

ふと 風に煽られて
地上へと 速度を落としながら向かってきた
慌てて捕まえたそれは なんか妙に痛々しかった

それは連鎖してる
そして連鎖していく
止められない後悔のループに
迷い込んでしまったみたいだ

誰に言ったって 真面目になんて
取り合ってくれないけど
胸の中にあるんだ
今でも忘れられない記憶

両手に抱えたもの
手放したあの日の
頬を伝う水の味を
忘れてはならない


「the WORLD is ONE」

遠い国に想いを馳せるこの頃
嫌になってきたんだ
今住む場所の 環境 人々 歴史さえ
逃げ出して 新しい暮らしを
ワンダーランドで送ってやるんだ

そう決意して 間も無く空港へ行ったけれども
「ワンダーランド行き」の切符は どこにも売ってなかった

うまくいかないことを 自分のせいだと認められなくて
手軽なところに恨みをぶつけてたんだね

気づいたよ
結局どこに行っても 自分が変わらなければ意味がない
お金と時間だけが 無惨にも減っていくだけ
動かないさ 進めないさ どんな理屈並べたって
可能性を秘めた この自分を信じていく
そんな風に足掻いてみよう

世界史に頭を捻らせるこの頃
わからないんだ
数々の戦いの意義が どうしても

そうは言っても 実際に見たことも 体験したこともないから
理解しようがないのかもしれないけど

遥か昔の仲違いを 今でも引きずって
何をしようとしているの?
悲劇を繰り返さないで…

思い出したよ
いつか国語の教科書に載ってた言葉
「一人一人の人間がいるだけ」
国なんて 人種なんて そんなものないんだって
国境線を越えて 世界中が手を繋ぐ
そんな日が来ると願おう

どうせ ちっぽけな私達が
こんなこと願ったって
何も変わりはしない
でも 信じたい
綺麗事だって言われても
なんなら 一生唱えてやるよ

the WORLD is ONE
the WORLD is ONE
the WORLD is ONE…
"世界はひとつ"

いつまでも叫ぶよ
馬鹿馬鹿しいであろう言葉
そう 一人一人の人間がいるだけ
国なんて 人種なんて そんなものないんだって
国境線を越えて 世界中が手を繋ぐ
そんな日がいつか来る 来るよ



「かさぶた」

憧れの人の歌なんか聴くと
自分を殺したくなるくらい 美しい音楽を響かせてくる
だからもう聴きたくなくなった
暗闇に逃げよっと…

日が落ちた頃に カーテンをぴっちり閉めて 電気も付けずに 黒に塗り潰された部屋の真ん中で 大の字に寝転がる

したら次第に目が慣れてきてしまって 暗闇じゃなくなっちゃうよ
だから今度は目を瞑るんだ

それでも どこからか聴こえてくる
耳鳴りみたいに 心が鼓膜を震わす
やっぱり こびりついて離れない
かさぶた

そもそも 雲の上より遠い存在
比べるほうがおかしいんだけどね
"神様"だって言いたいけど そんなんじゃないから余計に困る

「まだ始めたばっかなんだから仕方ないさ、続けてけば良くなるさ」
とか言い聞かせるのも もう懲り懲り

それでも どうしても どうしても
希望を持っていたい
証明してみたい
やっぱり 懲りてなんかないな
このバカは

そしていつもの如く 身体中を駆け巡る
美しい旋律が 鼓動を速める
何があっても剥がれない
かさぶた
でも別に取りたくはない
かさぶた


「道」

「まだまだ道は長いな」
肩を落として呟いた
見渡せば
今日も誰かが誰かを待ってる

全速力で駆け抜けてきて
息が持たなくなったから
ひと休み
しばらくしたら また走り出そう

うとうとしてたら 目の前に現れた
女神様のようで 魔女のような人が
ゆっくりと 諭すように話し始めた

「誰しも人生 迷走してるよ
自分だけじゃない
だから可哀相だとか思うな!
そして安心なさい」
「先のことを考えたら 不安のあまり消えたくなるよ
今はただ 今だけに全力で生きなさい」

そのうち熟睡してしまって
目覚めたのは真夜中だった
さっきのは夢だったのかな?

なんて思いながら
また走り出そうとしたが
暗闇ゆえに何も見えない
どちらの方向へ進めば良いのかもわからない

ウロウロしてたら 遠くに微かな光が見えたような気がして
おずおずと 助けを乞うように歩き出した

今日も人生 失敗してるよ
良いことばかりじゃない
だけどそんな時には思い出せ
あの誰かの言葉
うまくいかない現状で 遣る瀬無い気持ち抱えながらも
今をただ 生きられていることに感謝しなきゃ

微かに見えた光はやがて
世界中を包み込む朝日になることなど 知る由もない
まあ 知らなくてもいいかな
小さな可能性を信じていけるから

消えそうな希望の炎に マッチを

「まだまだ道は長いな」
溜め息を吐いて 微笑んだ
そう、焦らなくても大丈夫

見渡せば
今日も誰かが誰かを待ってる


「楽書き」

諦めきれない夢がまだ僕にあった

もう何年も前に投げ捨てて 平凡に暮らしていたのに
突然 目の前にやってきた

ずっと心の奥にあったのかな?
それとも 投げ捨てた夢が
帰る家を探す鳥のように 彷徨ってたのかな?
なら 歓迎せざるを得ない

また君に手を伸ばしていいかい?
返事も聞かないまま 黒い油性ペンを取って
描く 未来地図

幾つになっても 闘志はギラギラと燃えてる
なんて人が きっと
夢を掴む人なんだろうな
持ち続けることができるかが 何においても最重要だよな

とか考えながら
鼻歌交じりにペンを走らせると
いつかのことを思い出す
そう あの頃に帰ったみたいだ
また 心に火が灯った

諦めきれない夢が僕にあるんだ


「しゃぼん玉」

こんにちは
またしても昔の記憶の中のぬくもりに話しかけて
仲間に入れて欲しいなって目で見つめてみる

本当はその延長線上に
今も立ってるはずなのに

何に不満を抱いて 何を嫌っていたの?
あんなに楽しい日々は無かった
なんて 今更 戻れない

新しい自分に生まれ変わったら
一からやり直してみようかな
でも怖気づいて また立ち止まって
自分の尻尾を追い回してる

孤独になった代わりに 望んだものを手に入れられるとして
それなら迷わず「分かり合える人」とお願いしよう

どこの誰でもいいんだ
君じゃなくていいんだ

接続詞が言葉と言葉の架け橋なら
人と人との架け橋は一体なんだろう
やっぱり それも人なのかな
なら私は架け橋になりたい

新しいものを手に入れる度に
古びたものは色褪せていくけど
君だけは どうしても
他の何かに消されはしない
強い強い光を放ってる

忘れられるのなら全てを投げ打ってでも構わないから
時々 姿を現さないでおくれよ
いつも探してるのはこっちだけど

新しい自分に生まれ変われるかな
今はそう信じて動き続けたい
もしも何も持ってない
突かれりゃ割れるしゃぼん玉でも
遠くまで 高く高く飛ぼう
風に乗って


「夏の夜」

蒸し暑い夏の夜
いつもより少し早くお風呂に入って
ベットで本を読んで
携帯電話を脇に置いて
君からの返信を待ってる
何食わぬ顔をしてるけど
本当は一番ドキドキしてる時間

予想と同じような言葉が送られてきて
小さくガッツポーズ
また温度を増した 夏の夜

今まで何度 誰かと出会って
誰かと別れてきただろう?
どんなに側にいたくても
離れなくちゃいけない日が来る
きっとこれからもそんな日は来る
それを知ってる

でも今のこの瞬間が 無駄だなんて思わないよ
いつか別れが来るのなら
その日まで 飽きるくらい一緒にいたい
もっと近づきたいって思う

毎日 顔を合わせて
隣にいるのが当たり前になった
そしてそんなことを思い始める自分を
強く責めたくなった

「当たり前」って思うから
つい軽く扱ってしまう
そして仲違いをしたら
どう足掻こうが
元通りに戻せなくなるって知ってる

そんな風に尻込みして
中々近づけないでいる
出会ってから暫く経つのに ずっと気を使い合ってるような気がする
でもちょっとずつ
ちょっとずつだけど 進んでる
ゆっくり行くのもいいなって思える

「壊したくない」と思えば思うほど
君に近づくのが怖くなるけど
それは君も同じかな
なんて思えば 軽くなるだろう
そうやって ちょっとずつ
ちょっとずつ 進もう

いつか来る別れの日まで
ずっと笑い合ってたい