読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返したらどう思うかな

16歳、高1の女です。自由に書いてます。

1年半以上前に…Part19-20

「黄昏に羽ばたく鳥一羽」

夢よ 希望よ 太陽よ

もう何度も追い出したはずなのに
あなたは 手の届きそうで届かない空にて
きらきらと 輝いて

そっと 手を伸ばして
触れることができたと思ったら
遮ってた透明の窓ガラスを撫でただけ

それでも こんなに近くに
あんなに遠くに あるんだもの
今もう一度 夕陽に向かって駆ける
駆ける

今もう一度 夕陽に向かって駆ける
駆ける


「三十六度」

36℃のお湯に 浸かりながら思う
「ぬるい」というより
冷たいお湯に浸かり思う

36℃の世界に 人は溶け込む
いつの間に
夏はこんなに暑くなった

36℃の私は 可もなく不可もなく
ごく標準に生きてきた
これからも そう

36℃の湯湯婆 抱きながら思う
ちっとも温まらない暖房器具を抱き思う

36℃のぬくもりを 誰しも求めている
時に冷たく だけどあたたかい
心を求めている