読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返したらどう思うかな

16歳、高1の女です。自由に書いてます。

1年半以上前に…Part16

「夏の夜」

蒸し暑い夏の夜

いつもより少し早くお風呂に入って
ベットで本を読んで
携帯電話を脇に置いて
君からの返信を待ってる
何食わぬ顔をしてるけど
本当は一番ドキドキしてる時間

予想と同じような言葉が送られてきて
小さくガッツポーズ
また温度を増した 夏の夜

今まで何度 誰かと出会って
誰かと別れてきただろう?
どんなに側にいたくても
離れなくちゃいけない日が来る
きっとこれからもそんな日は来る
それを知ってる

でも今のこの瞬間が 無駄だなんて思わないよ
いつか別れが来るのなら
その日まで 飽きるくらい一緒にいたい
もっと近づきたいって思う

毎日 顔を合わせて
隣にいるのが当たり前になった
そしてそんなことを思い始める自分を
強く責めたくなった

「当たり前」って思うから
つい軽く扱ってしまう
そして仲違いをしたら
どう足掻こうが
元通りに戻せなくなるって知ってる

そんな風に尻込みして
中々近づけないでいる
出会ってから暫く経つのに ずっと気を使い合ってるような気がする
でもちょっとずつ
ちょっとずつだけど 進んでる
ゆっくり行くのもいいなって思える

「壊したくない」と思えば思うほど
君に近づくのが怖くなるけど
それは君も同じかな
なんて思えば 軽くなるだろう
そうやって ちょっとずつ
ちょっとずつ 進もう

いつか来る別れの日まで
ずっと笑い合ってたい