読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返したらどう思うかな

16歳、高1の女です。自由に書いてます。

1年半以上前に…Part7

the WORLD is ONE

遠い国に想いを馳せるこの頃

嫌になってきたんだ
今住む場所の 環境 人々 歴史さえ
逃げ出して 新しい暮らしを
ワンダーランドで送ってやるんだ

そう決意して 間も無く空港へ行ったけれども
「ワンダーランド行き」の切符は どこにも売ってなかった

うまくいかないことを 自分のせいだと認められなくて
手軽なところに恨みをぶつけてたんだね

気づいたよ
結局どこに行っても 自分が変わらなければ意味がない
お金と時間だけが 無惨にも減っていくだけ
動かないさ 進めないさ どんな理屈並べたって
可能性を秘めた この自分を信じていく
そんな風に足掻いてみよう

世界史に頭を捻らせるこの頃
わからないんだ
数々の戦いの意義が どうしても

そうは言っても 実際に見たことも 体験したこともないから
理解しようがないのかもしれないけど

遥か昔の仲違いを 今でも引きずって
何をしようとしているの?
悲劇を繰り返さないで…

思い出したよ
いつか国語の教科書に載ってた言葉
「一人一人の人間がいるだけ」
国なんて 人種なんて そんなものないんだって
国境線を越えて 世界中が手を繋ぐ
そんな日が来ると願おう

どうせ ちっぽけな私達が
こんなこと願ったって
何も変わりはしない
でも 信じたい
綺麗事だって言われても
なんなら 一生唱えてやるよ

the WORLD is ONE
the WORLD is ONE
the WORLD is ONE…
"世界はひとつ"

いつまでも叫ぶよ
馬鹿馬鹿しいであろう言葉
そう 一人一人の人間がいるだけ
国なんて 人種なんて そんなものないんだって
国境線を越えて 世界中が手を繋ぐ
そんな日がいつか来る 来るよ