読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返したらどう思うかな

16歳、高1の女です。自由に書いてます。

1年半以上前に…Part6

「捨て○○」


町を泳ぐ 黄緑色の風船を
吸い込まれるように 手に取った

だけど どこのものかも知らないし
持って帰るのも気が向かないし
その辺に括り付けておいた

心優しい人が きっと拾ってくれるから 安心してね
最後に 偽善者ぶってみたけど
本当はわかってる
捨てることに見合う 償いも言い訳もないこと

側にいたって もう何度も
ギタギタに傷つけてしまうから
そっと真夜中に 置き去りにした
遠くまで聞こえる声に 耳を塞ぎながら

空を翔る ものすごい速さで
それでも一縷の望みをかけて 走って追いつこうとした

ふと 風に煽られて
地上へと 速度を落としながら向かってきた
慌てて捕まえたそれは なんか妙に痛々しかった

それは連鎖してる
そして連鎖していく
止められない後悔のループに
迷い込んでしまったみたいだ

誰に言ったって 真面目になんて
取り合ってくれないけど
胸の中にあるんだ
今でも忘れられない記憶

両手に抱えたもの
手放したあの日の
頬を伝う水の味を
忘れてはならない