読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返したらどう思うかな

16歳、高1の女です。自由に書いてます。

1年半以上前に…Part4

「貨物列車」

貨物列車は今日も進むよ

それぞれに夢の欠片を積んで
世界中を一回り
どんどん連なり伸びてゆく

じゃんけんして 負けたら後ろについて
さっきまで最前にいたのに 気がつけば100人中95番目

さあ いこう
朝日が昇ったら いつもの道を辿って
変わりのない下の下の役割でも全力で
おはよう
ドアを開いたら いつもの席に座って
変わりはいない 誰一人
だからきっと意味があるんだ

雪の降る日でも駆け回るよ
たくさんの笑顔を見届けるため
地球の隅から隅まで
ガタゴトと音を立てながら

点検して 不備が見つかったら さようなら
さっきまでここにいたのに
確かに ここにいたのに

どこへ行こう?
夕陽が沈んだら 帰る場所もなくて
灯りのない街を彷徨い続けてる、ずっと。
Say hello
誰かに呼びかけたら 気持ちから変えられるはずなんだ もう一度
だから今日は試してみよう

いらないものなんてない
だから捨てられなくて
消えない夢なんてない
だから時々思い出して
暗闇の未来なんてこない
だから下向かないで
歯をくいしばって 今を生きていたい

さあ いこう
朝日が昇ったら 新しい道をつくって
変わり続ける景色に 臆さない心を持って
もう怯まない
ドアを開いたら 不思議とワクワクしてきているよ
変わりはいない 誰一人
そうだ きっと意味はあるんだ

連結していく貨物列車みたいに
夢を運んでく 僕らは列車
時にはレールを外れて 森の中を迷っても
瞳を閉じれば見えてくる
この自由に満ちた世界地図が